バスターくんアメ!!

サンプル


inariさんからバスターくんアメが届いた!
なんと、バスターくんの金太郎飴!!

すげぇぇぇぇぇぇぇーーー


a0135848_1547306.jpg


どこから切ってもバスター君。

切っても切ってもバスター君。



か・・・可愛い・・・。

「ピロウズファンではないがバスター君は大好き」という姉に
2つわけてあげた。超喜んでた。


食べるのもったいないぜ・・・。


一度の注文で3500匹(!)のバスターくんが
出来上がるらしく、希望者にはおすそわけしてくれるとの事。(追記:配布期間終了とのこと)




inariさん、ありがとうございました!






余談。



以前、会社の広報・営業促進事業に携わっていたとき、
「お客様に配る販促グッズを作ろう」という話が出た。

色々な案が出たが、「お菓子は?」という意見が女性社員から出された。

会社名やロゴ、マスコットキャラを入れたキャンディや煎餅が
作れるらしいとわかり、見積を取ってみることにした。
その中にこの「まいあめ工房」さんもあった。

サンプルをいくつか頂いたので見てみると、カラフルでとても可愛い。
通常、会社のロゴを入れた販促物はきっちりと細部のデザインに
差異が無いよう気を配るけど、完全に手作りという「金太郎飴」においては
ゆがみ・ずれはどうしても発生する。
しかしそれが意外にも味わい深く、親しみが持てる。他では手に入らない
オリジナル性もあって、会社の販促物としてはピッタリだという話になった。

しかし、盛り上がっていた販促部の動きとは裏腹に、
「いい大人がアメを配って歩けるか」という頭の固い古株営業マンの
意見によって、あっさりと却下された。 ちくしょー

いくらいいグッズを作っても、肝心の配る人が
愛情を持ってお客様に届けてくれないと意味がないのだ。

話し合いは平行線を辿り、賞味期限や保管方法などの問題もあって
結局は無難な名入れのボールペンに落ち着いた。

しかしいつか、どこかの場面でこのオリジナル飴を作って、もらった人が
「わぁっ!可愛い!」と喜んでくれるようなことができたらいいなぁと思っていた。

それがもう一年以上の話で、その事はすっかり忘れ去った単細胞の私。

そんな折、いつも見ているinariさんのブログで「バスター君アメを作りました」
という記事を読み、あの時の感動とワクワク感を再び思い出すことができた。

そっかー、この発想があったかー!と嬉しくなった。

この飴がいろんな人のところに届くと良いなー、と思う。



ぁういぇーー♪
[PR]

by feelin-groovy | 2009-08-05 15:53 | pillows全般  

<< 無題 インタビュー追加 >>