go to 武道館 会場到着

バスの出発がなぜか数十分遅れた時点で嫌な予感がしていたものの、

見事に首都高の渋滞に巻き込まれ完全に遅延。

16時到着のはずが、武道館に着いたのは薄暗くなりはじめた

17時半頃でした。  どんな虐待?

バスが武道館の駐車場に入る時、会場周辺にはすでに916Tを着た人や

写真撮影をする人で溢れていて、みんな「うわーバス今頃着いてるしマジ可哀そう」と

言わんばかりの憐みの目でバスを見上げていた(気がするほど心が荒んでいた)

しかし16時の時点でグッズ物販は長蛇の列と聞いていたので、

若干諦めモードになりつつも隣席の子と列の最後尾を目指す。


・・・・。


なにこの行列。 木下大サーカスですか?

歩いても歩いても列、門をくぐっても列、2つ目の門をくぐっても蛇腹の列。

はははははは無理でしょこれ絶対。

しかし隣席の子が一応並んでみると言うので、一緒に最後尾へ並んだ。



スタッフの「開に間に合わない可能性が非常に高くなっておりまーす」

というアナウンスに心をバキバキに折られる。


そして並ぶこと40分。気づけば進んだのは20メートル、開演時間まであと20分。

ここで自分がG-Shockの引き換えを済ませていないことに気づく。

隣席の子に伝えて、ダッシュで引き換えコーナーへ。

無事に受け取った後、物販コーナー付近の蛇腹列を改めて目にして


決断。


諦めよう。 


グッズ買うためにここまで来たんじゃない!!!


メールで隣席の子に連絡して、列を抜け出して会場に向かう。

時刻はすでに6時50分。

ここではじめて、ツアー特典グッズとしてTシャツが貰えたことに感謝。

正統派Tシャツを着ようと思っていたけど、これで十分だ。

会場に入って、トイレでTシャツに着替える二人。

「やっぱりTシャツ着ると気分がぜんぜん違うね」

「そうだね」

「じゃあ、わたし南東列だからこっち行くね。」

「うん。また、あとでね。」

「楽しもうね!」

隣席の子と別れて、ひとりで南東の入り口に向かう。

会場に入って中を見渡した瞬間、




圧倒されて、息を飲んだ。




つづく
[PR]

by feelin-groovy | 2009-09-16 17:30 | LIVE  

<< go to 武道館 “LOST... go to 武道館 バスツアー2 >>